野菜使用のドッグフードも

穀物使用のドッグフードが犬の健康に良くないと述べてきましたが、その他の野菜ならどうなのでしょうか。犬は、草食動物の胃の中に残っていた果物や野菜を摂取することにより、栄養素を体内に取り入れてきたのは事実です。

ですので、野菜も当然犬の身体には必要な栄養素なのです。野菜もしっかりと取ることにより、非常に効率よくタンパク質を吸収することができるようになります。

しかし、全体のどれ程を野菜が占めているかでその話は変わってきてしまいます。野菜が多すぎても、肉食動物である犬はタンパク質を摂取することができなくなります。タンパク質が足りないということは、犬は栄養不足になってしまい健康い悪影響を与えてしまいます。

つまり、野菜でも果物でも効率よく摂取することが大切なのです。タンパク質と野菜、果物のバランスをきちんと守ってあげることによって、犬は必ず健康的な生活が送れるようになっていくのです。

その役目を担っているのは飼い主なのです。飼い主がきちんとしたドッグフードを見極めることができなければ、犬もそれに伴って不健康になってしまいます。犬は、自分でドッグフードを選ぶことができません。 飼い主が犬のことを考えて、その犬に合ったドッグフードを選ぶことが大切なのです。

 

果物使用なら安心!

先ほども述べましたが、ここ最近、ドッグフードにはたくさんの種類が増えてきています。なので、どのドッグフードを選べばいいのかわからないという人も多いのではないのでしょうか。穀物使用のドッグフードが犬の身体に悪影響を及ぼしてしまうと言いましたが、果物使用のドッグフードは、犬の身体に悪影響を及ぼさないのでしょうか。 実は、穀物が問題視され始めてから穀物の代わりに果物を使用しているドッグフードが増えてきているのです。

果物には、ビタミンや、必須ミネラル、また酵素など犬にとって必要不可欠な栄養素が含まれているのです。穀物は犬の身体で消化することが難しく、栄養になりにくいのですが、果物の場合は犬がもともと食べることができるということもあり、犬の身体にいい影響を与えてくれるのです。

犬は、もともと肉食の動物だと言いましたが、果物や、野菜を食べた草食動物を食べることにより、その胃の中に残っていた果物や野菜も食べてきたのです。

そうやって犬は健康的な体を作ってきました。果物を食べることにより、犬にとって必要な栄養素をとることができるということもあり、果物使用のドッグフードは犬の身体を作っていくうえで大切なものだといっていいでしょう。

犬に果物を与えても良いの?

確かに、果物は犬の健康にいい影響を与えてくれるものです。しかし、必ずしも全ての果物が犬の健康にいいわけではないのです。 犬に与えていい果物と、犬に与えてはいけない果物があるのです。

リンゴやイチゴ、バナナ、みかん、スイカ、梨、柿、メロン、などといった果物は、犬の身体に非常に良い影響を与えてくれます。犬のケーキに飾られている果物を想像してみるとわかりやすいと思います。これらの果物が飾られている場合がとても多いと思います。

では、犬に与えてはいけない果物は何なのでしょうか。それは、ぶどう、レーズン、イチジクなどです。ぶどう、レーズンを食べることにより、犬は下痢などの症状を起こしてしまうのです。さらに、下痢だけではなく腎不全を起こしてしまう可能性までもあるのです。

次に、イチジクですがイチジクの中にはソラレンという成分が含まれているのです。犬はこのソラレンを摂取することにより、嘔吐などの症状を引き起こしてしまいます。 比較的多くの果物は、犬にとって非常にいい影響を与えてくれます。しかし、その反面犬に悪影響を与えてしまう果物もあるのです。 犬に果物を与える場合には、そのことに十分注意することが大切になってきます。

果物使用のドッグフード

ドッグフードにもいろいろと種類があり、それぞれ含まれている成分が異なります。種類が多すぎるということもあり、何がどう犬の身体に良いのか分からないという人も多いのではないでしょうか。 最近では、果物を使用しているドッグフードも話題になってきています。果物を使用することは本当に犬の身体にいいのでしょうか。

犬の健康にいいと注目を集めていた穀物を使用しているドッグフードですが、その危険性も最近では指摘されてきました。 犬という動物は、もともと肉食の動物です。犬の先祖が肉食の狼ということは誰もが知っていることだと思います。犬は、肉を食べることによりタンパク質を摂取することができます。 そして、そのタンパク質が犬の身体を健康に、そして丈夫に育てていってくれるのです。しかし、穀物は犬の消化器官では消化しきることができないということが問題になってきたのです。

穀物ももちろん適量であれば、犬にとってとても重要なものなのです。犬の健康を保ってあげるのは飼い主の使命っといってもいいことです。犬が長生きできるかどうかは飼い主によって言って決まるといっても過言ではありません。 穀物使用のドッグフードが問題視されてきましたが、果物使用のドッグフードはどうなのでしょうか。 実は、果物は果物でも犬に与えていい果物、与えてはいけない果物があります。果物使用のドッグフードを選ぶ際には、その辺りも気にすることが大切になってきます。