確かに、果物は犬の健康にいい影響を与えてくれるものです。しかし、必ずしも全ての果物が犬の健康にいいわけではないのです。 犬に与えていい果物と、犬に与えてはいけない果物があるのです。

リンゴやイチゴ、バナナ、みかん、スイカ、梨、柿、メロン、などといった果物は、犬の身体に非常に良い影響を与えてくれます。犬のケーキに飾られている果物を想像してみるとわかりやすいと思います。これらの果物が飾られている場合がとても多いと思います。

では、犬に与えてはいけない果物は何なのでしょうか。それは、ぶどう、レーズン、イチジクなどです。ぶどう、レーズンを食べることにより、犬は下痢などの症状を起こしてしまうのです。さらに、下痢だけではなく腎不全を起こしてしまう可能性までもあるのです。

次に、イチジクですがイチジクの中にはソラレンという成分が含まれているのです。犬はこのソラレンを摂取することにより、嘔吐などの症状を引き起こしてしまいます。 比較的多くの果物は、犬にとって非常にいい影響を与えてくれます。しかし、その反面犬に悪影響を与えてしまう果物もあるのです。 犬に果物を与える場合には、そのことに十分注意することが大切になってきます。