穀物使用のドッグフードが犬の健康に良くないと述べてきましたが、その他の野菜ならどうなのでしょうか。犬は、草食動物の胃の中に残っていた果物や野菜を摂取することにより、栄養素を体内に取り入れてきたのは事実です。

ですので、野菜も当然犬の身体には必要な栄養素なのです。野菜もしっかりと取ることにより、非常に効率よくタンパク質を吸収することができるようになります。

しかし、全体のどれ程を野菜が占めているかでその話は変わってきてしまいます。野菜が多すぎても、肉食動物である犬はタンパク質を摂取することができなくなります。タンパク質が足りないということは、犬は栄養不足になってしまい健康い悪影響を与えてしまいます。

つまり、野菜でも果物でも効率よく摂取することが大切なのです。タンパク質と野菜、果物のバランスをきちんと守ってあげることによって、犬は必ず健康的な生活が送れるようになっていくのです。

その役目を担っているのは飼い主なのです。飼い主がきちんとしたドッグフードを見極めることができなければ、犬もそれに伴って不健康になってしまいます。犬は、自分でドッグフードを選ぶことができません。 飼い主が犬のことを考えて、その犬に合ったドッグフードを選ぶことが大切なのです。